【 食 】 記事一覧

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

花椒辣醤

中華の調味料って、甜麺醤か豆板醤くらいしか知らなかったのですが、4月にお邪魔した新大阪のハーレー仲間の中国料理店で麻婆豆腐と一緒に出てきた粉末の花椒が美味しかったんですよ。
正しくは調味料というよりスパイスなんですが。

その時は「山椒」と教えてもらったんですが、粒は好きだけど粉の山椒は私の嗅覚には「トイレクリーナー」を連想させるので嫌い。
でもまぁ、せっかくだから・・・と少し降りかけてみたら美味い♪

鰻だとトイレクリーナーなのに、麻婆だと違うのか???と、勘違い炸裂(^^ゞ

山椒と花椒(ファジョー)はどちらも同じミカン科サンショウ属で、種類が違うんだとか。


何度かスーパーで探してみたものの見つけられず、その違いは判らなかったので、ハーレー仲間に尋ねてみたところ、「ほな、送ったげようか? 業務用で500g入りやけど、腐るものでもないし。」と大変ありがたいお言葉を頂戴しましたが・・・

辛さは山椒より花椒の方が強く、調味料として使うときは耳かき数杯で十分。
かなり大きめの胡椒の瓶サイズでも、25gしか入っていない・・・それだって、1年くらいは持ちそうなのに、500gって、アンタ^^;

天然の輪が広がった o(* ̄^ ̄*)oキッパリ!!


その花椒を使った調味料に花椒辣醤、 ファージャオラージャン? ファジョーラージャン?と読む中華の調味料があります。

花椒辣醤

カタカナが苦手なのでかなか読み方を覚えられない・・・(^^ゞ
(つか、中国語だから読み方自体がわからないんだけどね)

フーラオラージャン?ちゃうな・・・

ファラオ・・・エジプトぢゃないし・・・

ファーファー?・・・そりゃ柔軟剤(ぉい!



別名 麻辣醤、マーラージャン とも言うとか。
これなら覚えられるんだけど、今度は店員さんに通じないかも?^^;

花椒を探していてたまたま目についたので買ってみたのですが・・・

原材料 : 豆板醤、米発酵調味料、甜面醤、花椒粉、ねりごま、魚醤などでできた合わせ調味料というかスパイスですね。

麻婆豆腐や炒め物、スープなどに使われている調味料ですが、マヨネーズと合わせて和え物にしたりもできるので、生食OK。

主に?四川麻婆豆腐の調味料のようですが、色々使えます。

輪切りにした茄子をこんがり焼いて、花椒辣醤を薄く塗って食べてみました。
花椒(中華山椒)の香りと、ピリッとした辛さが何とも言えず良い味に。
麻婆茄子があるくらいですから茄子との愛称はばっちり☆

チャーハンや回鍋肉の仕上げに少量。
花椒の香りとその辛さが食欲を刺激する一品になります。

私ゃ、胡瓜が大っ嫌いなので、旦那さま談ですが、もろキューのもろみ(味噌)の代わりに少量の花椒辣醤をつけても美味しいって言ってます。

豆腐にあさつきを散らして花椒辣醤を少々と醤油を少々で、変わり冷奴。

山椒と似た香りなので、こんにゃくの甘辛煮にちょっと足しても合います。


こんな便利で美味しい調味料、なんで今まで気が付かんかったんやろ^^;
スポンサーサイト

▲PageTop

章姫(アキヒメ)

前から気になっていた、巨大苺、「章姫(アキヒメ)」

「久能早生」と「女峰」を親にして生まれ、平成4年に登録された新品種のイチゴ。
酸味は女峰のほぼ半分といわれているだけあり、甘い。
特に「冬場は糖度が高い」と言われているので、酸味を楽しみたい人には向かないかな?というくらい甘いイチゴです。

で、その章姫

ついに買っちゃいました♪

IMG_1841s.jpg

ちょこんと乗っている小さめの苺は普通のサイズよりやや大きめで1っこ30g。
この巨大苺は70g前後・・・2倍以上の大きさです!


手のひらに乗せると、こんな感じ
IMG_1843s.jpg


とってもジューシーでうまうま^^


一足早く、春を味わいました♪

▲PageTop

超適当! なんちゃってピザ

わが家のピザはピザ生地を使いません。
piza


だから、その分カロリーを抑えられますの♪

油揚げのカロリーは大きさや種類にもよりますが、大体1枚18gで69kcalですが、油抜きしますから更にカロリーは落とせます。

一方、ピザ生地はこれもサイズと厚さで変わってきますが、生地1枚800kcal~1,000kcalくらいのようです・・・生地だけですよ、トッピングは別物。
すんげ~ハイカロリーなのよ^^;・・・これにトッピングすると2,000kcall超え?(@▽@)

で、そんなハイカロリーはダイエットの大敵なので、別の物で代用しますw



ハイ、ではレシピを・・・要らない? まぁ、そう言わずw


材料

ピザソース:適当

とろけるチーズ:適当

トッピング用の具材(ピーマン、ウインナー、サラミ、タマネギ、ハーブ等好きな物を):適当

油揚げ:適当


作り方

油揚げの3辺を開いて1枚にしてから、油抜き。
油抜きは、好きなやり方でどうぞ♪

私は、大きめの鍋でお湯を沸騰させた中に開いた油揚げを入れて一煮立ちさせてから、水かぬるま湯でチャッチャとすすいで絞ってます。

絞った油あげをフライパンに1枚ずつ広げて中火くらいの火力でカリっとするまで裏表を焼きます。
まっ黒こげにならなきゃOK♪

カリっと焼き上がった油あげにピザソースを適量塗り、トッピングをしてオーブントースターで好みの焼き加減まで焼けばでき上がりです。

カリカリに焼いた油揚げが残ったら、油抜きしていますからそのままパキパキ折って、おみそ汁に入れると、香ばしくて美味しいですよ♪

▲PageTop

謹賀新年

IMG_2941m.jpg

当地方がお天気に恵まれ、すがすがしい新年の幕開けとなりました。



いつも通り、旦那様と一緒に ささやかなお節とお雑煮で新年を祝いました。

IMG_1829s.jpg


かまぼこ、ハム、イクラと、左のお皿のチーカマ以外は頑張って作りました。

田作りは、ミックスナッツと普通のちりめんじゃこで「変わり田作り」にしてみました。

お雑煮、今年は合わせ味噌に焼いた角餅で。

わが家は旦那様が北海道、私が関西出身で今は関東在住とバラバラなので「わが家のお節」「わが家のお雑煮」という物が特にありません。
だからお節もお雑煮も毎年違った物が登場したり、変わった物が仲間入りしたり。

今年のお節は・・・気づかれた方もいらっしゃるかと思いますが、プチトマトが1個入っていますw
いわばこの変化に富んだお節とお雑煮が「わが家のお節とお雑煮」なんでしょうね。

すり身で作った伊達巻は、黒こげにならないようにオーブンの温度と、鉄板のサイズにさえ気を付ければ、それ以外は簡単でした^^
鉄板にオーブンシートを敷きながら「何か妙に広い!」と思いつつ、生地を流し入れたらやっぱり足りない。
広がる前に慌ててクッキングシートを折って仕切りのようにして事なきを得ましたが、生地がだし巻き卵のようにサラサラだとあっと言う間に広がり、ペラペラの生地をぐるぐる巻いたミルフィーユみたいな伊達巻ができ上がる所でした(^^ゞ

海老は、腰が曲がるまで長生きすることを願ってお節料理や正月飾りに使われると言われています。
え・・・っと、見栄え良くまっすぐに茹でた方がいいのか、それとも丸くなるように茹でた方が良いのか・・・
海老を掴んでしばし迷いましたが、年末ぎりぎりに腰を痛めた身としては、とっととまっすぐに伸びたいという個人的な願望もあり、串を刺してまっすぐにしました(^^ゞ
ところが、まっすぐにしたがために、煮ようにも入る鍋が無い!^^;
「わが家で一番直径が大きい鍋」ってことでフライパンで煮たのですが、でき上がったら出来上がったで「どうやって盛りつけるべな・・・^^;」

|x・)相変わらず何かをやると、妙なオチが付いてくるな・・・^^;




こんな管理人のドタバタブログですが、本年も宜しくお願い致します。

▲PageTop

北海道・・・・・その壱

北海道帰省、今年はいつもより少し早めて6月7日~11日まで。
行きはJALで羽田から新千歳空港へひとっ飛び、帰りは札幌-上野を寝台特急北斗星でのんびり。

羽田では初めて「サクララウンジ」を利用してきました。
今回は、クーポンを頂いていたので無料でしたが、一般の利用料金は、3,000円か3,000マイルが必要(HPから事前予約が必要)。


同じ名前の「サクララウンジ」でも、国際線の方はサービスがかなりリッチみたいですが、国内線の方はしょぼい^^;
ラウンジ内のパノラマビューからは、飛行機の離発着や新しい国際線ターミナルが見渡せ、ビール、コーヒーやコーラ等のソフトドリンクは飲み放題ですが、正直な感想を言えば「3,000円払ってまで利用するほどの物ではないな。」です(^^ゞ

ただ、搭乗口のそばで待つよりは、ソファーとテーブルやカウンターがあって、静かだし涼しくて過ごしやすいのは確か♪


さて、飛行機は無事に新千歳空港に着陸。
千歳市のお天気は、晴れ夫婦にあるまじき「雨」(-"-)

でも、レンタカーの手続きを済ませ、札幌市に向かう途中から晴れてきましたw
札幌市内は曇り。

お宿は定山渓温泉の「章月グランドホテル」
昨年宿泊して、そのサービスの丁寧さと、清潔感が気に入りリピしました。

昨年同様、細やかなサービスで申し分ないのですが・・・相変わらず食事がヘビーで^^;
私の1.5倍~2倍は食べる旦那様ですらギブアップ(笑)

最後の夕食のメニュー

食前酒:あんず酒

先附け:季の物楽味 籠盛り
DVC00304_20130117102043.jpg



台の物:帆立、浅蜊 うしお鍋
DVC00306.jpg

造里:旬鮮魚介 おまかせ
DVC00305.jpg

仲皿:牛ひれ ステーキ
DVC00307.jpg

煮物:たらばがに 具足煮
DVC00309.jpg

揚物:ふく唐揚げ 扇昆布
DVC00310.jpg

麺:鰊そば
DVC00311.jpg

香の物:日替り
DVC00313.jpg


これに普通に「ご飯」がついています・・・しかもお櫃で^^;
パッと見可愛い器にちょこちょこ盛られていて量的には少なく感じますが、食べてみたら拷問に近いほどの食べ応えでした。

滞在二日目のメニューに「サーモン、細魚、鯛 薄造り」が出てきたのですが、一皿見て量が多かったので2人分だと思っていたら1人分でした。

先の二日は麺の代わりに「留椀」として、鉄砲汁やお吸い物の「汁物」が出てきたのですが、「留椀ぢゃなくて、トドメ椀よ。」と、給仕してくれた女の子に愚痴ったくらい量が半端ない。
愚痴られた女の子は、鈴を転がすようなかわいい声で笑っていましたけどねw

ちなみに、夕食の1食で通常の私の食事 2日分、2食分ちゃいますよ!2日分
二日分の量がありました。

また、この旅館の朝ご飯が・・・朝っぱらからヘビーな「鍋物」(爆)

おまけに、夕食と朝食では作り手が代わるのだと思うのですが、朝食は薄味好みの私が食べても「???」 で、味が無いメニュが^^;

食べ足りないよか良いっちゃそうですが・・・基本的に「残すことをヨシとしない」ので頑張って食べましたが、2日で胃の調子が変になってきたので以降は勿体ないけど残しました(^^ゞ
命あっての物種w(ぇ

この味のしない朝食と、拷問に近い夕食の量以外は、お部屋も温泉も、フロントも、客室係も、ダイニングスタッフも、本当に申し分のない旅館でした♪

▲PageTop

Menu

ワンコウォッチ

最新記事

プロフィール

ginger

Author:ginger
FC2ブログへようこそ!

かうんた~☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。